【50代のパソコン】 ロジクール M575を使ってラクに作業する

パソコン
記事内に広告が含まれています。

パソコン複数持ちの悩み

パソコンを複数所有していると、それぞれのパソコンに応じてマウスを持ち替えることが面倒に感じませんか?

タカヒロ
タカヒロ

同じものを2つ用意して管理することも大変ですよね

特に年齢を重ねると、ちょっとした面倒が本当に嫌になります。

パソコン2台は使い分けたいがマウスを持ち替えが面倒になり、つい1つのパソコンですべての作業を行ってしまうことになってませんか。

そうなるともう1台のパソコンを活かせなくなってしまいます。

パソコンごとにマウスを切り替えるデメリット

切り替え時に集中力が途切れる

作業によってパソコンを使い分けるようにしていると切り替えが発生します。

その時に集中力が途切れることがあります。

マウスを持ち替えるなど体の感覚が変わることがあると、気が散ってしまいます。

1台のパソコンに偏ってしまう

切り替えが面倒になると、1台のパソコンに偏るようになり負荷がかかり続けます。

データやコンテンツなど用途ごとに使い分けるつもりで2台持ちにしたはず。

偏り始めると、データが混在することになります。

後で仕訳けようと思っても、大変な作業になってしまいます。

マウス1台で2台のパソコンを使い分ける

トラックボールマウス「ロジクール M575」

ロジクールM575」は、Unifyingレシーバー(USBレシーバー)Bluetoothと2通りの通信方法が使えるようになっています。

このマウスは裏に切り替えボタンがあり、押すことで通信方法が切り替わります。

一方はUSBレシーバーで接続、もう一方はBluetoothで接続します。

ボタンを押すことで自動的に切り替わるので、すぐ次の作業に取り掛かれます。

ロジクール M575を使うことでどうラクになるのか

切り替えが簡単

ロジクールM575は、裏にあるボタン一つを操作するだけで切り替えることができます。

この機能がないと、いちいちコントロールパネルを開いてBluetooth接続を設定しなおす必要が出てきます。

作業の中断時間が少なくて済むので集中力が続きます。

パソコン周りがスッキリする

それぞれのパソコンに付けていたマウスが1台になるので机周りがスッキリします。

メモ帳や筆記用具など、他に必要な物のスペースが確保できます。

乾電池なので長持ち

ロジクールM575は電源に乾電池を使います。

電池交換する手間はありますが、1年~1年半は交換無しで使い続けることができます。

ロジクール M575

トラックボールマウスは光学式マウスに比べてシェアは低いですが、使い始めたら元のマウスには戻れないという声をよく聞きます。

指1本でポインターが操作できるし、トラックボールマウス特有の手に合う角度がフィットします。

使いやすくて、2台のパソコンをコントロールできるロジクールM575を使ってみませんか。

あなたのパソコンライフが劇的に変わるかもしれません。

この記事があなたにとってお役にたてれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました