【50代の肩こり対策】2日目には肩こりがなくなる「トラックボールマウス」

パソコン
記事内に広告が含まれています。

現場で働いていた時と違い、デスクワークが増える機会が多い50代。

現代のデスクワークでパソコン作業は必須です。

パソコン作業でつらいのは「老眼で見えにくくなった文字」と「肩こり」ではないでしょうか?

老眼はメガネで対応できますが、肩こりはどうでしょうか?

肩こりが起きる原因にはいろいろありますが、その一つがマウスを使うことにあるのはご存じでしょうか?

あなた
あなた

手首だけで動かしているから、肩は関係ないでしょう?

タカヒロ
タカヒロ

それが関係あるんです!

タカヒロ
タカヒロ

私は普通のマウスから、トラックボールマウスへ変えて肩こりがなくなりました!

普通のマウスだとどうしても肩がこってしまいます。そんな時にトラックボールマウスを使えば、肩こりに悩まされなくなります。

トラックボールマウスを使って肩こりにサヨナラしましょう!

マウスを使う頻度は想像以上

マウスでなぜ肩がこるのか?

私が光学式マウスを使っていて感じたのは、マウスを移動させる時に手首の先だけで動かしているわけではないということでした。

光学式マウスでポインターを画面の端まで移動させる時には、手首の動きだけで持っていくことができません。

マウスパッドの端まで持って行ったマウスを浮かせて移動させ、再度パッドの上に置き直してポインターを移動させています。

これを無意識に何度も繰り返しているのです

その時は手首だけでなく、腕全体でマウスを移動させることになります。これが肩がこってしまう原因です。

片腕の重さは体重の約6%と言われています。体重が50kgなら約3kgあります。

ちょっとしたダンベルですよね。

手を伸ばしてマウスを使った場合は、かなりの負担が肩にかかります。

その状態で使い続けることで肩がこってしまいます。

トラックボールマウスの特徴

トラックボールマウスのメリット

マウス自体を動かさない

普通はマウス自体を動かして画面内のカーソルを移動させます。トラックボールマウスは、親指でボールを転がすことでカーソル移動ができます。マウス本体を移動させることがありません。

腕が疲れにくい

トラックボールマウスに手を添えた後、基本的に使うのは「親指」「人差し指」「中指」の3本の指のみです。

親指でトラックボールを転がす、人差し指で左クリック、中指で右クリックですべての作業が完了します。

指だけの操作なので腕を動かすことがなく、肩がこりません。

カーソル移動がラク(2画面仕様は特に)

私はパソコンを使う時にはデュアルモニター(モニターを2つ使用)にしています。光学式マウスだとポインターを端から端まで動かす時、たくさんマウスを動かすので大変でした。

このトラックボールマウスにしてからは、ボールを転がすだけでポインターの移動ができるのでラクになりました。移動も早いので作業の時短にもなっています。

使う場所を選ばない

マウス自体を動かすことがないので、置けるスペースがあれば大丈夫です。狭いスペースでマウスをちょこちょこ動かさなくても大丈夫になりました。

トラックボールマウスは基本的に無線通信なので、置く場所が限定されません。

どこに置いても操作できるので、太ももの上にトラックボールマウスを置いて使っている人もいました。

トラックボールマウスのデメリット

サイズが大きい

ポインター移動用のボールがついているため、全体的に大きいサイズになってます。

外出時などの移動には向いてません。

狭くてもマウスを置けるスペースがあれば十分です。マウス本体を動かすことなく使うことができます。

重量がある

ボールがあり、手のひらで覆うようにして使うように作られているため大きさがあります。重量も光学式マウスに比べて若干重く感じます。

厚みもあるため、カバンに入れて外へ持ち歩くには不向きです。

自宅や仕事場で、マウスの場所を固定して使う人に向いています。

手に対して角度が微妙

トラックボールを動かすのに手の角度がイマイチです。机に手を自然に置いたら手のひらが下側を向くようになっているからです。

私は別売りの台座を購入して、マウスを手に対する角度に合わせて使っています。

created by Rinker
¥4,675 (2024/05/18 00:02:44時点 楽天市場調べ-詳細)

ボール部分の清掃が必要

トラックボールを支える内部の部品に手垢などが付いて、ボールが転がりにくくなります。

定期的なボールと内部の清掃が、必要になってきます。

清掃と言っても、トラックボールとボールを支える内部部品をティッシュで軽く掃除するだけです。

サクサク作業を進めるためにトラックボールマウスを使おう!

光学式マウスやタッチパッドに比べて、トラックボールマウスの認知度は低いです。

私も使いにくいと思い敬遠していました。

しかし思い切って使ってみたら想像以上でした。なにより肩こりに悩まされなくなったことが一番大きな部分です。

慣れるまでには少し時間がかかりますが、使いこなせる頃にはもう手放せなくなっているでしょう。

トラックボールマウスを使って、肩こりの無いITライフを送りましょう!

タイトルとURLをコピーしました